2018年5月24日木曜日

「DJI TELLO」を購入!その実力は??


こんにちは、KOSHIです。 ドローンは初心者なのですが、空撮して、普段見れない角度から景色を見たり、ドローンを操縦するのが楽しいなと最近思い始めました。
以前購入したVISUOのドローンは低価格ながらコントローラーも付いており、入門用としてはかなり満足した商品だったのですが、 残念なことに墜落して壊れてしまいました。空中を飛ぶオモチャなので、墜落は仕方ないですね・・・

価格の高いプロ仕様のドローンの映像って素晴らしいのですが、軽い趣味程度でそこまでの出費は出来ませんので、私がドローンに使えるお金は せいぜい1万円代までです。

ドローンの製造は中国のメーカーが盛んで、その中でもトップの企業と言えばDJIです。そんなDJIがこの度低価格のモデル「TELLO」をリリースしたので 私もぜひ体感してみたいと思い、この商品を購入することにしました。価格はなんと12800円です。
DJI製品としては破格ですね



購入した商品





悩んだりこだわった点

TELLOの価格は12800円ということで、「DJI製品としては安い」のですが、
その他のブランドで「GPS搭載機が買えなくもない価格」ということでかなり悩みましたが、
「一度はDJI製品を経験しておきたい」ということもあり、TELLOを購入することにしました。


レビュー


何度か飛ばしてみて、率直な感想から書きますが、
「機体は軽くてしっかり作られていて、さすがDJIだなと思える」
「ポジショニングセンサーは思ったよりよく働いてくれている」
でも
「風のある日は外で飛ばさないほうがいい」
「なにかにプロペラをぶつけてしまうと、プロペラがすぐ抜けるようになる」
「動画はそこまで綺麗ではない・・・映像も飛ぶ」
「遠くまで飛ばすと目視できなくなる」
と言った所です

開封から初回のフライトを映像にしたのがこちらです



ドローンを取りあえず飛ばしてみたい」って方には迷わずオススメできる商品なのですが、
外で飛ばす時は本当に風には気をつけて飛ばしたほうがいいです。


内蔵カメラで空撮した映像がこちら



動画の内容を踏まえてTELLOのダメなところ

映像が時々飛びます・・・本体に動画が記録できればいいんですが。
風が吹いているとアプリの機能が使えない
TELLOのアプリには予め
「360度回転しながら録画」や「離れながら録画」
という機能がついているのですが、風がある場所だとアプリ内で警告が表示されて
機能を使うことができなくなります。
小さいドローンなので仕方がないのかもしれませんが、外で飛ばすときはこれらの機能は使える場面が少ないかもしれません。



この先欲しい商品



TELLOにはGPSセンサーは搭載されていませんが、機体下にポジショニングセンサーが付いており、低空であれば少々風が吹いてもそのままの位置でホバリングを続けようとします、
しかしポジショニングセンサーだけでは高度が上がった時に位置を制御できなくなるのと、リターントゥーホーム機能(ボタン一つで操縦者の元へ帰ってくる機能)は付いていません

ということで、やはり最終的には「GPS」「ジンバル付き」が欲しいのですが、ジンバル付きになると一気に価格が跳ね上がります・・・

その辺も含めて次にほしいなと思った商品が以下です。

 
1万円台で購入できて、GPSが付いていて、安心ができそうなメーカーで探すとハブサンはかなりいいのではないでしょうか・・・
ジンバル付きなら完璧なのですが・・・この価格ではさすがに無理かな・・・
でも飛ばしている映像をみると、楽しそうなのでかなり欲しいですね。


 
DJI製品でTELLOの次に高い機種ですが、機体だけだと5万円代です。(コントローラーは必須だと思いますが・・・)
ジンバル付きなので、YOUTUBEなどで映像を見てもかなり満足度の高い商品っぽいです
コントローラー付きで4万円くらいならなぁ〜・・・




2018年5月23日水曜日

「FREEDCONN TCOM-SC」バイクのインカムを購入したのでレビュー



こんにちは、Koshiです。
写真に写っているインカム。Freedconn Tcom-SCを購入しましたのでレビューします。
ご覧の通りスッキリしたデザインで、とてもかっこいいです。

購入した商品




Amazonでインカムを検索するとわりと初めの方に出てくる商品です。 レビューも多く、星の数も多いので中華製品にしては安心感が高いです。 画像で分かるようにボタンが大きく、グローブをしていても、操作がしやすそうなのと、 デザインがシンプルでとても綺麗にまとまっているのが特徴です。

悩んだりこだわった点



バイクでの専用品を購入するまでは、このようなヘッドセットを使用していました。 ヘッドセットだと2000円くらいで購入できるので「安い」のが魅力的なのと、日常でも使用することができます。 ただスピードが60キロ位になると風の音で会話が出来ないのと、ヘルメットの脱着時にヘッドセットに当ってポロリと落ちることも珍しくなく、 ヘルメットを被ってしまうと操作が出来なくなるのも段々ストレスに感じてきます。 ・・・ということで専用品を購入しようと決心したのですが、有名所のメーカーの製品は「とっても高い」です。 しかしスペック的には流石なので集団で会話しながらツーリングをする人にはそちらのほうがオススメですね。 私の場合は、2〜3人のツーリングが多いのと、一人でのツーリングも多いので、条件的には

・1対1で使うのがメイン
・5000円前後で購入可能
・グローブをはめていても使いやすそう

 このような感じですね。

レビュー



私以外にもこの製品、沢山レビューしている方がおられますね。使う前から安心感があります。 まずは商品が届きましたので、開封していきたいと思います。 開封動画を撮影しましたので、参考にして下さい。

 取付までで気になる部分としては、 「両面テープは恐ろしく強力そう・・・」 一度貼ったらなかなか剥がれることは無さそうです。 両面テープを使用したほうがキッチリと取付ができそうですが、恐ろしくて私は使いませんでした。 スマホとの接続はすんなりと行きましたね。注意点としては「電源を切った状態から電源ボタンを8秒長押しでペアリングモードになります」 電源をつけた状態から長押しすると電源が切れてしまうだけです。ちょっと分かりにくい仕様ですね。 あと、説明書はちょっと分かりにくいです。でも日本語の説明があるだけマシかもしれませんよね。 

では使用感をレビューしていきたいと思います。 一人で使用する場合は「音楽を聴く」「ラジオを聞く」「掛かってきた電話を受ける」のが多いかなと思うんですが。 「音楽を聴く」はまぁ説明するほどの事はないと思います。スマホ側で再生した音楽は普通に流れて、 「曲送り」「ボリューム」操作もダイヤルキーが大きいので操作しやすいです。 音質はあまり期待しないほうがイイです・・・かと言ってすごくひどい音質ではないので安心して下さい。 「ボリューム」を変える時にダイヤルキーが反応するまでの時間が若干長いかな??というのはありますが、そこまで気にはならないです。

次に「ラジオを聴く」ですが、Amazonのレビューには「日本の周波数に対応していない」という意見がちらほらあり、少し不安だったのですが 結果的には「日本の周波数には対応していました」、地元で聞けるラジオはほぼ出ます。 しかしですね、大きな問題点があります。 それは 「アンテナの性能が悪い」 です。ハッキリ言って。入りが悪いので、ラジオの電波がかなり強い場所じゃないと快適に聞けないと思います。ノイズがよく入るのでストレスになります。 手で本体を触っている間は少しラジオの入りが良くなるので、DIYでアンテナを作ればもう少しマシに聞けるようにはなりそうですが、 そこまでラジオを聴くことがないので、潔くオマケと割り切ることにします。 ラジオの操作はダイヤルキーを短くまわすと、オートプリセットで自動でサーチしてくれますが、周波数の数値が大きい辺までサーチするとなぜか 何も鳴らない周波数で止まります、このゾーンに入ってしまうとなかなか抜け出せないので注意して下さい。 簡単にラジオがハッキリ出る方法がわかりましたら、記事を書き足したいと思います。

 次に「スマホに掛かってきた電話に出る」ですが、ダイヤルキーを押すと電話に出れます。 触ってすぐ分かるボタンなので、迷うことは無いと思います。 通話品質も悪くないです。 後にインカム同士で会話した時にわかったのですが、インカム同士の通話のほうが聞き取りやすい様な気がします。なにか音質を変えてるのかもしれませんね。 ではお待たせしました。この製品のメインの使い方「インカム同士での通話」です。

動画でレビューしましたので参考にして下さい。 動画にもあるように、直線距離だと800メートル程離れても通話できました。 それ異常離れると、「突然切れる」訳ではなく、説明しづらいですが喋り声が「ビヨヨン、ビヨヨン」っていう音になってきます。 製品説明には800メートルまでという記述がありましたが、「本当に800メートル届く」とは思いませんでした。 しかしこれは直線距離で、間に障害物がない場合ですので、条件によっては通話できる距離は変わるでしょうね。 ツーリングでそこまで離れることは滅多にないと思いますので、通話できる距離での不満はとりあえず無さそうです。 この動画で分かるように片方はジェットヘルメットでテストしましたが、風切音はほとんどせず。多少のエンジン音と声がハッキリと聞こえました。 マイクには風は結構入っていると思いますので、機械の方で調整して風の音は入らないようにしてあるのかもしれません。


まとめ



5000円ほどでこの性能はハッキリ言ってお買い徳ではないでしょうか。 後は気になる部分としては、バッテリーの寿命ですね。中華製品には極端にバッテリーの寿命が短いものがあったりするので心配な部分です。 それとこのインカムは他社製品ともペアリングできるようなので、そのうちテストしてみようと思います。

2018年4月25日水曜日

初めて購入したドローン「VISUO XS809」入門用としては必要十分



購入した商品





 Amazonでも売っています。
カメラの性能でバージョン違いがありますが、安いので良いと思う。

だってカメラの性能期待できないから。


「ドローン」とは?



ウィキペディアによると、無人航空機の事を通称で「ドローン」と呼ぶらしいです。
プロペラが4つあるヘリコプターをそう呼ぶのかと思いこんでいたのですが、どうやら違うようですね。
プロペラは関係ないようです。ということはラジコンのヘリコプターもドローンってことだね。

で機体が200グラム以上の場合、日本の航空法に触れるようなので、個人で自由に飛ばせることができるドローンは、
200グラム以下の機体のものになります。
ちなみに200グラム以下のドローンのことをトイドローンと呼ぶこともあるようです。

その内200グラム以下でもすごい性能のが出てきたら、また法改正になるのかな??

それよりなにより、ドローン業界でトップの技術を持っている会社が「DJI」という会社なのですが、
驚くことにこの会社、中国の会社なんですよね。
youtubeで「DJI」で検索して出て来るドローンの動画・・・凄いですので一度ご覧になって下さい。
凄い技術力ですよね。
・・・ホント日本の家電業界ってヤバイとこまで来てる気がしますよ・・・。


悩んだりこだわった点



DJIのドローンは高くて手が出ませんので(笑)
気兼ねなく飛ばせる位の価格帯のものが望ましいので、希望条件は以下の感じです。
・5000円以下
・200グラム以下
・カメラ付き
・持ち運びやすいようにできればたためるタイプ
・操作に自信がないので自動帰還が付いているもの


レビュー



とりあえず箱はかなり頑張ってる気がする。(笑)
中身は、本体、コントローラー、説明書、プロペラガード、替えの羽根、ドライバー、USBケーブル
コントローラーは単三電池3本入れて使います。

本体のバッテリーは、付属のUSBケーブルで充電します。
電源に繋げると充電ケーブルのLEDが光るようになっていて、充電が完了するとLEDが消えます。
このバッテリーは本体に差し込むだけでセットできます、ケーブル類を繋ぐ必要は無いのでバッテリーのセットはかなり楽です。
ではいよいよ飛ばしてみます。

飛ばし方は・・・
1、本体の電源を入れる
2、コントローラーの電源を入れる
3、コントローラーの左レバーを上→下と動かすと「ピッ、ピッ」とおとがして本体とコントローラーが同期します
4、コントローラーの離陸ボタンを押すか、両方のレバーを内側斜め下にするとアイドリング状態になります

飛ばしてみた感想ですが、
6畳程の部屋では狭すぎてすぐ壁に激突するので、外で飛ばします。
少しの間飛ばして遊んでみましたが・・・・・「これはかなり面白い!!」
でも慣れるまでは操作が難しいです。

次に空高くまで上げてしまうと着地するのが大変です。
このドローン、レバーを下げてもなかなか降りてきてくれません・・・そして外で飛ばすと基本その場でホバリング出来ないので、
降りてくる間にあちこちに移動します。
こんなときの為に自動帰還ボタンがあるのですが・・・・

このボタン


使えません!!

押したら大変、ドローンがあらぬ方向へ飛んでいってしまうのです。
レビューを見てみてもそうなると書いてあるので、そういう仕様だと思って諦めます。

次にカメラが着いているので空撮にチャレンジしてみるものの・・・・
説明書を見ても録画方法が全く分かりません。ネットで調べてみた所、アプリをスマホやタブレットにインストールして
本体に接続しないと録画出来ないようです。
そしてその時に、
本体にSDカードが入っている→SDカードに動画が記録される
本体にSDカードが入っていない→アプリをインストールした端末へ動画が記録される
みたいです

ハッキリ言って録画するまでの準備が面倒です。しかし、空撮はどうしてもやっておきたい所なので・・・
アプリを入れてやってみました。

空撮した映像は以下の感じです。


どうです?「う〜ん・・・」って映像でしょ?
まあ事前にyoutubeで空撮映像は見ていたのでこの程度だとは思っていましたけどね。


まとめ



低価格のドローンっていまかなり盛り上がっている状態なので、次から次へといい機種が出てきます。
入門用として5000円ほど出せば十分楽しめるのがいいですね。
そのうち5000円でGPSが搭載されたものとかも出てきそうですよね。

こちらも良ければ読んでみて